読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ESXi 5.5でゲストOSでのCPU仮想化機能を有効化

仮想化:Vmware ESXi

環境

Vmware ESXi 5.5

概要

・ESXi上のゲストOS上でKVMやVirtual Boxを使用するためには  ホストOSのCPUに搭載された仮想化機構がゲストOSでも  使用できるように設定変更する必要がある

手順

※事前に作業対象仮想マシンをshutdownしておくこと

ホストOS(ESXi)にログイン

/etc/vmware/config に 「 vhv.enable = "TRUE" 」を追記

libdir = "/usr/lib/vmware" authd.proxy.nfc = "vmware-hostd:ha-nfc" authd.proxy.nfcssl = "vmware-hostd:ha-nfcssl" authd.proxy.vpxa-nfcssl = "vmware-vpxa:vpxa-nfcssl" authd.proxy.vpxa-nfc = "vmware-vpxa:vpxa-nfc" authd.fullpath = "/sbin/authd" vhv.enable = "TRUE"

その後、

/etc/init.d/hostd restart

にてプロセス再起動

vim-cmd vmsvc/getallvms

にて仮想マシン一覧を取得。 設定変更したい仮想マシンのvmidをメモ

vim-cmd vmsvc/upgrade vmid vmx-09

にて、対象の仮想マシンのバージョンを8⇒9にアップグレード

※10にすると、ESXiから設定変更不可になるらしいので注意

/vmfs/volumes/datastore-name/vmname/vagrant.vmxを編集

※datastore-nameとvagrant.vmxは可変値

vhv.enable = "TRUE" を追記

------------ここから、vSphere Clientでの作業-------------------

対象マシンを右クリック⇒設定の編集

「オプション」タブ⇒CPU/MMU仮想化⇒「Intel VT-X/AMD-Vを命令セット仮想化に使用し   ソフトウェアをMMU仮想化に使用」にチェック⇒OK

仮想マシンを起動

ホストマシンのチップセットIntelの場合は、

cat /cpu/procinfo | grep vmx

AMDの場合は、

cat /cpu/procinfo | grep svm

で検索にHITする事を確認

疑問

項番2と項番7の設定が重複しているので、 項番7は不要だったのかも・・・?今度確認する。

参考

VMware Front Experience: How to provision nested ESXi hosts on free ESXi

blog.watercloud.net