読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vmware ESXi にて仮想マシンを複製時の手順

仮想化:Vmware ESXi

ちょくちょく忘れるので、メモ

■環境
VMware ESXi 5.5.0
RHEL 6.5

■概要
ESXiでは仮想マシンのクローンができないため、
OVFテンプレートのエクスポート&インポートで複製します。

■注意点
1)仮想マシン複製時に、複製元仮想マシン
 /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules に記載のMACアドレス
複製先の仮想マシンに引き継がれる事を回避するために
 ファイルの編集が必要になります。

2)/etc/sysconfig/network-scripts/
配下に ifcfg-eth0 のバックアップファイルを作ると
 service network restart なんかの時に
 エラーの原因になる場合があるので、
 /home/***/backup 等別フォルダに複製するのがよさげ。

■手順

(複製元仮想マシンでの作業)
※事前に編集するファイルのバックアップをcpで作成しておきましょう!

(1)70-persistent-net.rulesの書き換え

MACアドレスが指定されている箇所をコメントアウトしておきましょう。
こうすることで、複製時に別MACアドレスのレコードが自動生成されます。

[root@RHEL6.5 ~]vi /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

70-persistent-net.rulesの設定内容

# This file was automatically generated by the /lib/udev/write_net_rules
# program, run by the persistent-net-generator.rules rules file.
#
# You can modify it, as long as you keep each rule on a single
# line, and change only the value of the NAME= key.

# PCI device 0x15ad:0x07b0 (vmxnet3)
#SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="**:**:**:**:**:**", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"

(2)ifcfg-eth0の書き換え
複製完了後に、MACアドレスIPアドレスは書き換えになるため
コメントアウトしておきましょう。(IPのアドレスの重複回避のため)

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

ifcfg-eth0の設定内容

DEVICE=eth0
#HWADDR=**:**:**:**:**:**
TYPE=Ethernet
UUID=fb349cfb-5d43-4251-b3b3-ec6c49a384fc
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=static
#IPADDR=***.***.***.***
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=***.***.***.***


作業が完了したら、OVFテンプレート作成のために
shutdown - h now しておく。

(仮想マシンの複製)
ESXiのコンソールにて、OVFテンプレートのエクスポート
⇒OVFテンプレートのデプロイ

(複製先マシンでの作業)
デプロイ完了後、ESXiコンソールから電源ON、
コンソール接続し作業を進めて行きましょう。

(1)70-persistent-net.rulesにレコードが追加されている事を確認

以下のように新しくレコードが追加されていればOK

view /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

# This file was automatically generated by the /lib/udev/write_net_rules
# program, run by the persistent-net-generator.rules rules file.
#
# You can modify it, as long as you keep each rule on a single
# line, and change only the value of the NAME= key.

# PCI device 0x15ad:0x07b0 (vmxnet3)
#SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:0c:29:e3:4d:bf", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"

# PCI device 0x15ad:0x07b0 (vmxnet3)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:0c:29:13:fd:22", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"

(2)ifcfg-eth0の書き換え

コメントアウトを外した後、
IPアドレスMACアドレスの書き換えをしましょう。
(MACアドレスは70-persistent-net.rulesに追加されたレコードの値を適用)

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

ifcfg-eth0の設定内容

DEVICE=eth0
HWADDR=**:**:**:**:**:**
TYPE=Ethernet
UUID=fb349cfb-5d43-4251-b3b3-ec6c49a384fc
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=***.***.***.***
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=***.***.***.***

(3)network

※前提として、NetWorkManagerは無効化されている事

service network restart

完了後に、ifconfig eth0、ping、で正しく設定されており
他のホストで通信ができることを確認。その後、tera term等でssh
接続できることを確認。

(4)残作業
・hostnameの変更などなど

vi /etc/sysconfig/network
reboot